Verrazzanoで実現するKubernetesマルチクラスタ運用とコンテナアプリケーションのライフサイクル管理   シェア

(Day2) 09/09 16:00-16:40 - Track A

中級者   Orchestration   アーカイブ視聴可

Kubernetesが普及してくる中で、ワークロードが多岐にわたるようになると複数のクラスタを運用する必要も出てきます。 複数クラスタ管理は「複数のKubernetesを管理する」だけではなく、その上で稼働するコンテナアプリケーションのデプロイから運用監視まで含めたライフサイクル管理も必須になります。 それを実現するソリューションとして、Oracleでは「Varrazzano」を新しく発表しています。 本セッションでは、Varrazzanoの概要や機能を踏まえながら、コンテナアプリケーションのライフサイクル管理とマルチクラスタ運用についてご紹介します。

仁井田 拓也
日本オラクル株式会社
ソリューションエンジニア

日本オラクル株式会社所属。SIerにて様々なOSSを活用したシステム開発を経験し現職。現在は、SIer時代の知見を活かし、ソリューションエンジニアとしてクラウドでのアプリケーション開発やクラウドネイティブ技術に関する技術/案件支援に従事。