Kubernetes-native な管理をおこなう CI/CD 2020   シェア

(Day2) 09/09 15:00-15:40 - Track A

初級者   CI / CD   アーカイブ視聴可

様々なものごとをマニフェストで記述して自動化するエコシステムにより、管理系統をすべてKubernetesに寄せることができます。 CI/CDについても、Tekton Pipeline & Triggers、ArgoCD、Kaniko、Harbor Operator、Trivy、Conftest、OPA Gatekeeperなどを用いてGitOpsを実現するKubernetes-nativeなCI/CD環境を作り上げることが可能です。 本セッションでは2020年に作るべき、CI/CD環境について紹介します。

青山 真也
CyberAgent, Inc.
Software Engineer

OpenStackを使ったプライベートクラウドやGKE互換なコンテナプラットフォームをゼロから構築。CyberAgentでは Kubernetes/CloudNative 領域の Developer Expertsとしても従事。国内カンファレンスでのKeynoteや海外カンファレンス等、登壇経験多数。世界で2番目にKubernetesの認定資格を取得。著書に『Kubernetes完全ガイド』『みんなのDocker/Kubernetes』。現在はOSSへのContribute 活動をはじめ、CNCF公式のCloud Native Meetup TokyoやKubernetes Meetup TokyoのOrganizerなどコミュニティ活動にも従事。