オンプレミス環境における、CI基盤のこれまでとこれから

Proposal (落選)

難易度 中級者
実行フェーズ Dev/QA(開発環境)
PoC(検証)
Production(本番環境)
想定受講者 architect - システム設計
developer - システム開発
app-developer - アプリケーション開発
operator/sys-admin - 運用管理/システム管理

話し手の所属するGMOペパボにおいてはかねてより、全社で利用するCIソフトウェアとしてDrone.ioを利用していましたが、GitHub Enterprise ServerのGitHub Actionsの提供開始をきっかけに、社内で利用されるリポジトリについてはすべてGibHub Actionsへ移行しました。多くのサービス、リポジトリを抱える当社においてどのような戦略で移行を進めたのか、また移行において開発した技術を紹介します。

これまでの、ただテストを自動実行するような使い方から、アプリケーション、コンテナのビルド、デプロイ、業務ツールの実行など多くの役割がCIツールで実行される昨今において、これからCIツールを導入、移行する際の参考となるようなトークをお届けします。

山下和彦
GMOペパボ株式会社
浪速のダイエッター

GMOペパボ株式会社技術部技術基盤チームにおいてシニア・プリンシパルエンジニアとして従事しています。普段はペパボの技術の基盤となる要素を開発したり、傭兵として各サービスの課題をソフトウェアで改善しています。