ニューノーマル時代の大規模ウォーターフォール開発

Proposal (落選)

難易度 初級者
実行フェーズ Dev/QA(開発環境)
Production(本番環境)
想定受講者 developer - システム開発
app-developer - アプリケーション開発

アジャイル開発の手法は日本でも徐々に浸透しつつありますが、大規模な開発プロジェクトにおいてウォーターフォール開発はまだ主流派です。また、ウォーターフォール開発にはウォーターフォールならではの利点もあり、アジャイル開発にすべてが置き換わることは無いでしょう。昨今はアジャイル開発のプラクティスを取り込んで効率化を目指す動きも活発になってきていますが、様々な障壁が待ち構えており困難を極めることも少なくありません。本セッションではNTTデータで大規模トラディショナルシステムにおける開発環境のモダナイゼーションを推進してきた経験を基に、CI/CD適用における障壁や回避策、ブランチ戦略の立て方、ニューノーマル時代にふさわしいウォーターフォール開発の在り方について紹介していきます。

菅原 亮
株式会社NTTデータ
開発環境モダナイズエバンジェリスト

2005年に株式会社NTTデータ入社。2012年よりインフラ自動化関連プロジェクトに着任したのをきっかけにPuppetを知る。2014年にPuppetドキュメントの日本語化を通じてPuppet社との関係が始まり、周囲の協力も得て2015年日本で初めてのPuppetユーザ会を設立。現在はトラディショナルなプロジェクトをCI/CDとインフラ自動化の融合によるモダナイズ推進に尽力している。