GitHub Actions で構築する Android アプリの CI/CD

Track B 2021/09/03 15:35-16:15

難易度 初級者
実行フェーズ Dev/QA(開発環境)
PoC(検証)
想定受講者 app-developer - アプリケーション開発
アーカイブ視聴可

GitHub Actions は GitHub 謹製のタスクの実行環境です。外部サービスの契約や連携を必要とせず気軽に利用でき、GitHub 上での開発フローとも相性が良いです。また GitHub のマーケットプレイスでは、様々な Actions(ワークフローをパッケージ化したもの)が公開されており、また自ら Actions を作成することも出来ます。

私はこれまで業務の Android アプリの開発で GitHub Actions を利用し、静的解析・テスト・ビルド・バイナリの配布といった CI/CD の環境を構築し運用してきました。

本セッションでは、その構築・運用の内容や得られた知見、工夫した点、注意事項など説明します。皆様の CI/CD 環境構築の手助けになれば幸いです。

Hiroyuki Kusu
株式会社ゆめみ
テックリード

株式会社ゆめみでソフトウェアエンジニアをやっています。主に Android アプリ(ネイティブ/Kotlin)の開発に携わっていますが、CI/CD の構築では JavaScript や AWS、GitHub Actions をよく利用しています。いま興味がある技術は KMM(Kotlin Multiplatform Mobile)や Kotlin サーバサイドです。

https://hkusu.github.io