LINEのPrivate Cloudを支えるデプロイ基盤の課題解決に向けた取り組み

Track B 2021/09/03 13:55-14:35

難易度 中級者
実行フェーズ Dev/QA(開発環境)
Production(本番環境)
想定受講者 developer - システム開発
app-developer - アプリケーション開発
operator/sys-admin - 運用管理/システム管理
アーカイブ視聴可

私達が開発しているLINEのPrivate Cloud PlatformであるVerdaは、社内開発者向けに多種多様なインフラサービスを管理してます。そして、あるサービスが別のVerdaサービスに依存していることも多く、大局的に見るとデザインの中に大量の疎結合部が存在する複雑性の高いMSAとして稼動しています。

そのような前提の元、最近はサービス規模と提供サービスの種類の拡大に応じてデザインの複雑度やトラブル時の影響度が上がってきているのですが、それぞれのサービスのデプロイプロセスはその状況変化に追従できておらず、デプロイの管理コストが大きくなっていることが課題として見えてきました。

このセッションではVerdaのデプロイについて簡単に歴史の振り返りと課題の明確化を行ない、それをどのように解決するべきかのアイデアといくつかの実例についてご紹介します。

Wataru Manji
LINE株式会社
Manager, Verda Reliability Engineering Team

通信系研究所子会社でPrivate CloudやNetworkの検証・開発に従事した後、2019年にLINEへ入社。現在、LINEのインフラ基盤であるVerdaのSREチームのマネージャーとして信頼性向上や運用の効率化をリードしている。趣味は筋トレ、マイブームは髪を変な色に染めること。