インフラCI/CDの継続的改善の道のり

Proposal (採択待ち)

中級者      

ペパボが提供しているサービスのインフラは現在Kubernetesへの移行を積極的に実施しています。一方で歴史の長いサービスではVMで動いているアプリケーションもまだまだあるというのが実情となっています。その中で「インフラのCI/CDが複雑でアプリケーションエンジニアが触りにくくなってしまいインフラの構成変更のたびにSREチームの作業が必要になっている」という課題が発生していました。
本セッションでは「ペパボのインフラCI/CDがどのように実装されているのか」と「抱えていた課題に対してどのように解決するべきかのアイデアと実例」についてご紹介します。

Ryuichi Watanabe
GMOペパボ株式会社
SRE

2017年よりサーバー インフラ エンジニアとしてLinux用ファイルシステムの開発運用やWebサービの開発運用の経験を経て2021年よりGMOペパボにてEC支援サービスのSREチームのスクラムマスターとして従事。最近の趣味はインテリアと読書。