GitHub self-hosted runner を利用した独自の CI プラットフォームの開発と運用

Proposal (採択待ち)

中級者      

近年はアプリのビルド時間の増大により CI サービスにかかるコストが増えています。一方で Jenkins 等の OSS を使用して時間当たりのコストを下げようとするとビルドマシンの管理コストが発生してしまいます。これらの問題に対応するため、独自の社内 CI プラットフォームを開発いたしました。開発にあたっては GitHub Actions の self-hosted runner を利用し、それを動的に実行する仕組みを作ることで、フレキシブルな CI プラットフォームを迅速に開発することができました。本セッションでは開発したプラットフォームの紹介と、運用をしていく上で発生した諸問題について解説します。

Shun Tabata
株式会社MIXI
SRE

株式会社 MIXI の SRE。主に会社の基盤システムの設計から開発・保守・運用や、プロジェクトへの DevOps 支援などを行なっている。元々 iOS アプリの開発に携わっていたこともあり、最近はアプリの CI/CD の導入支援などを社内で行なっている。