Amazon ECS で考えるデプロイメントとロールバック シェア

  CI / CD   アーカイブ視聴可

本番環境へのデプロイメントを安全に実行するために、ロールバックの手順を確立しておくことは重要です。本セッションでは、Amazon ECS を例に用いて、デプロイメントパイプラインに対してどのようにロールバックの仕組みを導入するのか、一例を紹介したいと思います。

落水 恭介
アマゾンウェブサービスジャパン株式会社
Specialist Solutions Architect, Containers

ベンチャーで Web サービスの開発に従事し、2018 年に Amazon Web Services Japan に入社。現在はソリューションアーキテクトとして活動中。主に Amazon ECS や Amazon EKS を中心とした、コンテナ関連の課題解決を支援している。