CloudNative Security Conference 2022 by CloudNative Daysで登壇してみませんか?

2021年はCloudNative Daysの特別編として「CI/CD」「Observability」に特化したカンファレンスを実施しました。そして今回、CloudNative Trail Mapを進んでいくためにも必要不可欠な「Security」に特化したカンファレンスを実施します。

クラウドネイティブな世界で対象とする領域は、低レイヤーから高レイヤーまで広い範囲に広がり続け、ともに取り組むメンバーも増え続けています。システムを常に最適で正常な状態に整えるためには、クラウドネイティブなセキュリティは必要不可欠で、模索し、持続していく必要があります。

CloudNative Security Conference 2022のセッション公募(CFP)に参加して、所属や組織の垣根を超えて、抱えていた悩みや知見をともに共有してみませんか?

  • CIパイプラインにイメージの脆弱性スキャンを組み込んでデータベース化し、脆弱性対応の迅速化と継続的な削減を実現した話
  • アプリケーション開発者が脆弱性を確認しやすい仕組みについて
  • Kubernetesマニフェストに対するポリシーチェックパターン
  • PodSecurity Admission DeepDive
  • Cloud Security Monitoring
  • Gatekeeper/kybernoの最新機能紹介
  • Vaultで始めるSecret管理手法
  • Rego完全ガイド
  • etc

以下のような方でもご安心ください。運営メンバーの多くがオンラインでの登壇やカンファレンス運営を経験しており、全力でサポートします!

  • オンラインカンファレンスの登壇が初めて
  • 動画の事前収録方法が分からない
  • 配信に関して不安がある

皆様のご応募を心よりお待ちしています。

CloudNative Security Conference 2022のテーマ
Go "Green"
〜ともに目指す持続可能なセキュリティ〜

CloudNative Security Conference 2022 (CNSec2022) は、クラウドネイティブセキュリティに特化したテックカンファレンスです。

クラウドネイティブなセキュリティとは、いったいどのようなものでしょうか。私達は、"Green"というキーワードに想いを込めてみました。

自然と同じく、セキュリティはシステムやアプリケーション、サービスなどにおいて欠くことのできない大切なものです。しかし、手放しにしていてはやがてシステムは衰退していくことになるでしょう。

刻一刻と変化する状況の中で、新しい知見・技術を導入したり、脅威になる部分や脆弱な仕組みを伐採したりしながら、新たな自然の芽を育てるように常に最適で正常な状態に整えていかなければならないと私達は考えます。

脅威に対し、継続して柔軟かつ俊敏に対応できる、身軽でしなやかな持続可能のセキュリティこそ、クラウドネイティブ時代のセキュリティの理想のひとつではないでしょうか。

そのような持続可能なセキュリティを実現するために、このイベントで様々な知見や技術を持ち寄って、安全で豊かな"Green"をともに目指してみませんか?

エントリーの流れ

  1. 本ページから登壇者ポータルにログイン
  2. 登壇内容を入力してエントリー
  3. エントリー終了後、実行委員会で選考
  4. メールで選考結果をご連絡

登壇方法

  1. ご自宅からのオンライン リアルタイム配信
  2. 録画による配信(事前に録画データを提供いただきます)

スケジュール

  • 2022/6/13(月) CFPエントリー締め切り
  • 2022/6月中旬 選考結果をご連絡
  • 2022/8/5 (金) CloudNative Security Conference 2022開催

エントリーQ&A

応募内容は公開されますか?

透明性確保のため、申請いただいたセッション情報は https://event.cloudnativedays.jp/cnsec2022/talks にただちに公開されますが、SNSアカウントを除いて応募者の個人情報は公開されません。

CFPの選考はどのように行われますか?

Twitterでの反響、およびCloudNative Security Conference実行委員会による投票で絞り込みした上で、全体のバランスや多様性を考慮したディスカッションにより決定されます。詳細な選考方法については、こちらのブログをご参照ください。

一人で複数の応募は可能でしょうか?

可能です。

複数名での応募は可能でしょうか?

可能です。エントリーにあたっては、代表者の方がお申し込みください。

セッションの長さはどのくらいですか?

40分です。

選考の基準として重視される項目はなんですか?

記入欄に、採択への影響度を三段階で表示しています。記載された★マークが多いほど、考慮される度合いが高いです。

登壇者は東京会場への移動の必要性や、東京近辺の在住・勤務である必要はありますか?

今回はオンライン配信も可能なため、様々な地域から参加しやすくなっております。なお、元々オフラインのみで実施していた頃から、居住地や勤務地などの制限は行っておりません。