安心・安全なCluster移行で実現するKubernetesのバージョンアップ

Proposal (採択)

中級者   Operation / Monitoring / Logging    

Kubernetesのバージョンアップの方法はいくつかありますが、我々のチームはCluster移行を選択しました。Cluster移行には運用上のメリットがある一方、考慮しなければいけないポイントもあります。本講演では、何故Cluster移行を選択したのか、またCluster移行時に生じる課題をどのような仕組みで解決しようとしているかについてお話したいと思います。

Shota Shirayama
楽天グループ株式会社
Software Engineer

楽天グループ株式会社のソフトウェアエンジニアとして、主にアプリケーション開発に取り組んできた。ここ数年はパブリッククラウド上でのKubernetesクラスタの構築・運用に従事し、現在開発部内の多くのグループが進めている、VMからKubernetesへの移行のサポートを行っている。