ステートフルアプリ on Kubernetesの現在と今後の展望 〜ステートフルの苦手意識を吹っ飛ばそう〜

Proposal (採択)

中級者   Keynote    

もう、コンテナがステートフルアプリが苦手という時代は終わりました。
しかし、まだまだ苦手と思い込んでいる人も少なからずいます。
そこで、本講演では、この苦手意識をなくすためにKubernetesにてステートフルアプリを実行するにあたり、データを保持するために重要な鍵となる永続ボリュームを中心に、提供機能やアーキテクチャ、運用に向けた注意ポイント、今後の展望について紹介します。

Yukinori Sakashita
ゼットラボ株式会社
ソフトウェアエンジニア

2003年日立製作所R&Dグループに入社し、ITインフラの運用管理技術の研究開発を担当。2014年より海外研究所@シリコンバレーのラボ長を勤めた後、2018年にゼットラボ株式会社に移り、Kubernetesを中心としたクラウド技術の研究開発に従事。また、ストレージの業界団体SNIAでも活動。
博士(情報科学)、情報処理学会会員、「Kubernetes実践入門」共著者(技術評論社)博士(情報科学)、情報処理学会会員、「Kubernetes実践入門」共著者(技術評論社)