めざせ脱トラディショナル!クラウドネイティブに向かって日々奮闘

Proposal (落選)

初級者   CI / CD    

「2025年の崖」の克服に向けてDXが叫ばれる昨今、求められる変化に対応するべくクラウドネイティブな開発スタイルが注目されています。しかし長い間トラディショナルな開発を続けてきたプロジェクトが突然クラウドネイティブを推進しようとしても間違いなく失敗します。本セッションでは、トラディショナルな開発プロジェクトの中で、イマドキの開発スタイルを目指して変貌するべく奮闘する日々を、推進者の立場からお話します。

Ryo Sugahara
株式会社NTTデータ
開発基盤モダナイズエバンジェリスト

2005年に株式会社NTTデータ入社。2012年よりインフラ自動化関連プロジェクトに着任した
のをきっかけにPuppetを知る。2014年にPuppetドキュメントの日本語化を通じてPuppet社と
の関係が始まり、周囲の協力も得て2015年日本で初めてのPuppetユーザ会を設立。現在はトラディショナルなプロジェクトをCI/CDとインフラ自動化の融合によるモダナイズ推進に尽力している。