NSMとSRv6 Network Programming

Proposal (落選)

中級者   Architecture Design    

Cloud NativeなNetworkにおいてもSecurityやSLA、VPNなどのNetworkのサービスが必要となることがありますが、柔軟な制御を行うためには高度に抽象化される必要があります。
それを動的に制御しながら、ただつながる以上の価値を提供することができるのがSegment Routing IPv6であり、本セッションではSRv6を用いたNetwork Service Meshの一例をデモを交えながら説明します。

Teppei Kamata
Cisco Systems
Systems Architect

2009年にシスコシステムズ合同会社入社。
サービスプロバイダー向けのシステムズアーキテクトとして、通信キャリア様向けにインターネットピアリング、モバイルネットワーク、パケットコア、L2/L3VPN、Optical ネットワークと幅広く提案活動に従事。
2016年からはInterop Tokyo ShowNet NOCチームメンバとして先進技術を用いた大規模ネットワークの構築にも貢献。