Fluentd/Fluent Bitで実現する楽なKubernetesのログ運用

Track F 2021/11/04 18:20-18:40

初級者   Operation / Monitoring / Logging   アーカイブ視聴不可  

コンテナ運用で避けては通れないのがログ監視です。しかし、Kubernetesそのものは、ログの管理や収集に関する機能をほとんど提供していません。

そこで登場するのがFluentd/Fluent Bitです。どちらもログを転送するためのデーモンプログラムで、CNCF傘下のプロジェクトとして開発されています。

今回の講演では、Fluentd/Fluent Bitをどのように活用すればうまくログを収集できるのかを解説します。

Seiji Fujimoto
株式会社クリアコード
ソフトウェアエンジニア

Fluentd・Fluent Bitのメンテナとして活動しています。