Reconciliation Loopを利用して、これからのソフトウェアを作ること

Proposal (落選)

中級者   Application / Development    

これまで何気なく書いていた、動かしていた身の回りの仕組みについて考えてみると、これはよく考えるとReconciliation Loopを再実装してしまっていることに、ふと気づくときがあります。それは主に状態を観測し、望んでいる状態との差異を埋めるようなツールや仕組み、そういった類のものです。あなたが今日書こうとしている仕組みは、実はReconciliation Loopを再実装してしまっているかもしれません。
本セッションではReconciliation Loopをもちいた実装例の詳細を解説しながら、どういったソフトウェアを書くときにReconciliation Loopが有用なのかを紹介します。

Kazuhiko Yamashita
GMOペパボ株式会社
シニア・プリンシパル

GMOペパボの技術部基盤チームにおいて、社の技術、経営課題をOSSや自分のプロダクトをもちいて解決することを生業としています。直近では社内のサービスのパフォーマンスチューニング、OpenStackのメンテナンスや、その上で動くKubernetesクラスタの構築運用、各種OSSの開発を行っています。