WaypointはPaaSの夢を見るか?

Proposal (落選)

初級者   Application / Development    

ここ十数年、沢山のPaaSが「開発者を救う」という謳い文句の元に登場し、そして消えていきました。
使えば圧倒的に楽になるはずのPaaSが、何故定着しないまま終わってしまうのでしょう?

そしてそんな中、HashiCorpからリリースされたのがWaypointです。Waypointを使うと、開発者は簡単な記述とシンプルなコマンドで、アプリケーションをデプロイできるツールだそうです。あれあれ、これまでのPaaSと言っていることが似ていますね?

今回は、PaaSに10年関わってきたjacopenが、その知見を元に、これまでのPaaSが上手くいかなかった理由、そしてWaypointがどういうアプローチで価値を提供しようとしているのか、みなさんがどう活用できるかなどをお話したいと思います。

Kazuto Kusama
TBD
TBD

通信会社でCloud FoundryベースのPaaS開発に携わっていた他、PivotalおよびVMwareにてCloud FoundryやKubernetesディストリビューションのプロフェッショナルサービスに従事。コミュニティ活動としてCloudNative Days TokyoのCo-chairやPaaS勉強会の主催も行っている