Kubernetesエコシステムのバージョン追従と柔軟な管理への挑戦

Proposal (採択)

中級者   Architecture Design    

Kubernetesにデプロイしたエコシステムのバージョンアップは継続的に最小限の労力で頻繁に行えていますか?

複数のエコシステムのデプロイや、複数のクラスタに対するデプロイを柔軟に行えていますか?

CyberAgentでは、マネージドKubernetesサービスを提供するAKEを提供しています。
ユーザに対して様々なカスタマイズを行った状態で、かつ最新機能が利用できる状態でクラスタを提供する必要があります。

このセッションでは私達のエコシステム管理の経験から、次の2つをトピックとして提供します。

1.
Kubernetesのエコシステム自体を継続的にアップデートすることは重要です。
その仕組みを整備し、Platformも継続的に進化させ続ける、すなわちPlatform側のCloudNative化を推進した事例を紹介します。

2.
AKEではエコシステムは全てGitOps + Argo CD ApplicationSet Controllerで管理する方式に変更しました。
これにより、複数のアプリケーションを個別にカスタマイズしてデプロイしたり、複数のクラスタに対してデプロイすることを可能にしています。
ApplicationSetについてDeepDiveしながら、柔軟なエコシステムの管理について紹介します。

Masaya Aoyama
サイバーエージェント
Software Engineer

2016年CyberAgent入社。プライベートクラウド上のKubernetes as a Serviceのプロダクトオーナー、Kubernetes/CloudNative 領域の Developer Expertsとしても従事。国内カンファレンスでのKeynoteや海外カンファレンス等での登壇経験。著書に『Kubernetes完全ガイド』『みんなのDocker/Kubernetes』。現在はOSSへのContribute 活動をはじめ、CloudNative Days Tokyo のCo-chair、CNCF公認のCloud Native Meetup TokyoやKubernetes Meetup TokyoのOrganizerなどコミュニティ活動にも従事。