Kubernetes Controller開発のモデル化と頻出実装パターン

Proposal (落選)

上級者   Customizing / Extending    

Kubernetes では Controller による機能拡張を行うことで様々な物事を自動化することが可能です。
実現したい運用動作をモデル化し、適切にReconciliationを実装していく必要があります。
これまでいくつかControllerを実装し、いくつかのOSSのControllerの実装を調査してきた講演者が、Controller開発時に考えていることを整理しながら、Controller開発時に利用できる頻出実装パターンを紹介します。

Masaya Aoyama
サイバーエージェント
Software Engineer

2016年CyberAgent入社。プライベートクラウド上のKubernetes as a Serviceのプロダクトオーナー、Kubernetes/CloudNative 領域の Developer Expertsとしても従事。国内カンファレンスでのKeynoteや海外カンファレンス等での登壇経験。著書に『Kubernetes完全ガイド』『みんなのDocker/Kubernetes』。現在はOSSへのContribute 活動をはじめ、CloudNative Days Tokyo のCo-chair、CNCF公認のCloud Native Meetup TokyoやKubernetes Meetup TokyoのOrganizerなどコミュニティ活動にも従事。