クラウドを最大限活用するInfrastructure as Codeを考えよう

Proposal (採択)

中級者   Architecture Design    

本セッションでは、Terraform、Pulumi、Kustomize、Crossplane、Open Policy AgentなどといったInfrastructure as Codeを取り巻くエコシステムを分析し、パブリッククラウドやKubernetesの力を最大限に引き出すためのツールスタックをどう組み上げていくか考察します。
さらに、NTTコミュニケーションズがいくつもの本番環境で実践してきたCUE言語を使った新しい形のInfrastructure as Codeをデモンストレーションいたします。

Jun Makishi
NTTコミュニケーションズ株式会社
プラットフォームアーキテクト

NTTコミュニケーションズのPlatform Architectとして、アプリケーションとインフラのDevOpsサイクルを早くするためのプラットフォームを開発。過去、エンタープライズクラウドのネットワーク開発など、同社の複数のSDNプロジェクトに従事。