はじめよう Kubernetes PersistentVolume のバックアップ

Track E 2022/11/21 15:20-16:00

中級者   Storage / Database   アーカイブ視聴可  

Kubernetes上でPersistentVolume(永続ボリューム)を使い、ステートフルアプリケーションを実行する事例も徐々に増えてきました。
そのような中、皆さん、PersistentVolumeに格納したデータのバックアップは取っているでしょうか。
障害が発生しないシステムはありません。ソフトウェアやハードウェアのバグだけででなく、災害などでデータセンター全体がダウンすることもあります。システムがダウンしてもデータを失わないようにするためは、定期的なバックアップを行うことが重要です。
そこで、本セッションではKubernetesのPersistentVolumeのバックアップについて、設計の考え方から手順例について紹介します。

Yukinori Sakashita
ゼットラボ株式会社
Software Engineer

2003年日立製作所R&Dグループに入社し、ITインフラの運用管理技術の研究開発を担当。
2014年より海外研究所@シリコンバレーのラボ長を勤めた後、2018年にゼットラボ株式会社に移り、Kubernetesを中心としたクラウドネイティブ技術の研究開発に従事。
また、ストレージの業界団体SNIAでも活動。
博士(情報科学)、情報処理学会会員、「Kubernetes実践入門」共著者(技術評論社)