いにしえのエンプラ情シスが内製化ではなくアーキテクトの「手の内化」を推進した話

Track F 2022/11/21 15:40-16:00

初級者   組織論   アーカイブ視聴可  

事業会社におけるシステム開発の「内製化」の必要性が叫ばれて久しいですが、私が所属する情報システム部門でもまだまだSIer依存が大きいなか、クラウドネイティブな新技術を活用してDXビジネスを推進するためには社員による技術掌握が絶対に必要だと感じていました。
ただし限られた人的リソースで完全な内製化を目指すのは非現実的なので、内製を経験したうえで上流工程にフォーカスする「手の内化」を試みました。
エンタープライズな事業会社でクラウド・コンテナ・IaCなど新技術をいかに使いこなすべきか、お悩みの方に事例を共有できればと思います。

Minoru Onda
KDDI株式会社
クラウドアーキテクト

KDDIの情報システム部門でWeb系業務システムのインフラ構築・保守をリード。
また部門全体でのクラウド活用推進や勉強会の企画運営なども行っています。
AWS Community Builders / KDDI Cloud SAMURAI 2021 / KDDI Cloud Ambassadors 2021