Kubernetes クラスタ管理からの開放 〜 アプリケーション開発を加速

Track A 2022/11/22 11:35-11:55

初級者   Hybrid Cloud / Multi Cloud   アーカイブ視聴可   スポンサーセッション

コンテナ化のメリットとして、アプリケーションの高い柔軟性や市場投入の迅速化が挙げられます。一方で、複雑化するコンテナ運用、Kubernetesのスキルを持つ人材の採用・維持が困難といった挑戦もあります。その様な中、Kubernetesの運用はベストプラクティスのノウハウを持つ人にアウトソースし、ビジネス開発にフォーカスするという「マネージド・クラウドサービス」という選択肢のメリットや、ハイブリッド、マルチクラウド・コンピューティングといった環境への適用についてご紹介させて頂きます。

Osamu Mizoguchi
レッドハット株式会社
Go To Market Specialist

インフラ製品ベンダーのプリセールスエンジニア。近年では、コンテナネイティブストレージ(Software Defined Storage) 製品のご提案、認知度向上や製品レディネスに従事。レッドハット入社後は、APAC Office of Technology チームに所属し、OpenShiftを中心としたマネージドクラウドサービスの Go To Market を担当。