Cloud Profilerによるワーカープロセスのパフォーマンス改善

Proposal (採択待ち)

中級者      

オブザーバビリティの3本柱(Three Pillars of Observability)として、ログ、トレース、メトリクスがよく重視されていますが、それらに加えてプロファイルも実行中のサービスについて有益な情報を与えてくれます。
マネーフォワードケッサイ株式会社ではGoogle Cloudを広く使っています。Cloud Profilerを使ったGKE上で動くワーカープロセス(コンテナ)のパフォーマンス改善について、実際の開発業務で得られた知見をもとにお話します。
Cloud Profilerを使ってプロファイルを取得できるようにする環境づくりから、ボトルネックの特定方法、改善策の実施と改善結果の確認など、一連の改善サイクルについてどのように実践したかをお伝えします。
Cloud Profiler自体は現状Google Cloudを使っていなくても使い始めることができ、聴講に際してGoogle Cloudの前提知識も不要です。

Shunya Osuga
マネーフォワードケッサイ株式会社
ソフトウェアエンジニア

マネーフォワードケッサイ株式会社 ソフトウェアエンジニア。2017年7月にマネーフォワードケッサイ入社。入社以来、一貫してBtoBのクラウド請求代行サービス「マネーフォワード ケッサイ」の設計・開発を担当。