ABEMAのWebアプリにおけるNew Relicを活用したCore Web Vitals指標の改善例

Proposal (採択待ち)

中級者      

Core Web Vitalsは実際のユーザーの行動に基づき、読み込み時間、インタラクティブ性、視覚的な安定性といったユーザー体験に関係する3つの観点に焦点を当てるもので、Web VitalsのサブセットとしてGoogleが提唱しています。

このセッションではパフォーマンス改善の一環として、Core Web Vitalsの指標をNew Relicでどう継続的に観測しているか、パフォーマンス改善でNew Relicを活用した例、なぜ継続的な観測を実施するためのツールにNew Relicを採用したかを紹介します。

Shota Kubota
株式会社サイバーエージェント
ソフトウェア開発者

Web フロントエンドを中心とした能力を持ち、10 年以上ソフトウェア開発者として活動しています。

アクセシビリティーとパフォーマンスのエキスパートとして、社会的に認知されるように日々精進しています。