JFrogのDevOps Platformづくりを支えるオブザーバビリティ

Track A 2022/03/11 17:05-17:45

初級者     アーカイブ視聴可   スポンサーセッション

JFrogはソフトウェアのアーティファクト管理、セキュリティスキャン、CI/CDなどDevOpsを支えるプラットフォームを作る会社です。普段はイベント登壇となると自社プロダクトがカバーする領域のネタが多くなります。
しかし、皆さんご存知(と信じています)のとおり、任意のサービスのオブザーバビリティに対応したプロダクトは持っていません。今回はソフトウェアを開発・運用する立場として、オブザーバビリティをテーマにJFrog内部での事例をお話しします。

Ayana Yokota
JFrog Japan
デベロッパーアドボケイト

元バックエンドエンジニアのエバンジェリスト。Java女子部およびJJUG (Japan Java User Group) の運営メンバー。業界でのニックネームは「よこな」。
DevOpsで大事とされる「コラボレーション」の考え方に共感し、それをヒントにエンジニアが少しでも幸せに働ける世の中を目指して活動中。
特にビギナー向けセッションが得意。過去の登壇をきっかけに生まれたのが著書『いちばんやさしいGit&GitHubの教本』。