GKE で開花する運用レスの可能性: クラウドネイティブアーキテクチャの始まり

Proposal: (エントリー済み)

中級者   Architecture Design

このセッションはSRE、DevOps や Platform Engineering といったアーキテクチャの再考に携わる方、またCloud Native な技術に興味を持つ方に向けた内容です。運用レス(Ops-less)アーキテクチャの意味と、なぜそれがモダンなアプリケーション開発において重要なのか解説します。また、GKE(特にAutopilot mode)がもたらす可能性から、SecurityやObservability, CI/CDといった GKE 周辺エコシステムと連携したクラウドネイティブアーキテクチャの始め方を探ります。

Annosuke Yokoo
株式会社スリーシェイク
SRE

スリーシェイクのSREとして、現在は、GoogleCloud / Kubernetesを中心としたアプリケーションインフラの構築・運用を通して、カルチャー変革を含むエンプラ企業へのCloudNativeなSRE支援を実践中。Google Cloudの公式UserCommunityである「Jagu'e'r」の運営リードもしています。今年はOSSへの貢献にも力を入れていく予定です!