Rancher Labs.がK3sを活用したクラウドネイティブ時代のIoTアプリケーションを事例とデモでご紹介

Track D 2020/09/08 16:00-16:40

中級者   IoT / Edge    

CNCF認定の軽量KubernetesディストリビューションであるK3sにフォーカスを当てて具体的なユースケースをご紹介します。 K3sは、IoTやエッジコンピューティング向けに開発され、その小さなシングルバイナリ、ネイティブARMサポート、および本番環境に適した高可用性アーキテクチャにより、エッジシステムでクラスタを自動初期化および維持する理想的なKubernetesディストリビューションです

施 文翰
Rancher Labs, Inc.
Support Engineer

"36歳、現在横浜で4人家族で暮らしています。
10年間近くOSSのサポート&開発に従事し、現在はRancher Labsのサポートエンジニアとして、主にAPAC地域の顧客に対するクラウドネイティブ製品のサポートサービスを提供しています。
得意分野はメモリ回収、分散型ストレージとファイルシステム。
休日はほぼ子供と遊んでいるので自分の時間が少ないが、生活に便利なIoTグッズを家で作って家庭的な地位を挽回している。"