20,000+行のmanifestをリファクタリングして分かったKustomizeの美しきアーキテクチャと拡張性

Proposal (採択)

初級者   CI / CD    

みなさんはKubernetesのmanifest管理のために、どんなツールをお使いでしょうか。

manifestファイルをいかに効率的かつ美しく管理するか…、我々yamlエンジニアたちはいつも頭を悩ませています。
そんな中弊チームは、Kustomizeフル活用することによって、 20,000+行のmanifestファイルを可読性、保守性を高めつつ約60%削減することに成功いたしました。

Kustomizeは一見すると少し独特な使い勝手のmanifes管理ツールですが、一貫した設計思想、豊富な差分生成機能、自由に拡張可能なプラグイン機構を備えた、とても優秀なツールです。
このセッションでは、そんなKustomizeの魅力を、大量のmanifestをリファクタリングする中で得た知見とともにご紹介いたします。

■こんなことを話します
- Kustomizeのアーキテクチャと思想
- "overlay"ディレクトリはもう卒業!ディレクトリ構成の考え方
- プラグインで無限の柔軟性を手に入れろ
- クラスタを止めずにmanifestをリファクタリングするには

Hiroshi Hayakawa
ヤフー株式会社
CloudNative時代のアルパカ

Cloud Nativeなインフラを開発するエンジニア。
- Cloud Native Developers JP オーガナイザー
- Japan Container Days 12.18、CloudNative Days Tokyo 2019 / 2020登壇
- 「Kubernetes実践ガイド」著者(共著)