なぜ我々はクラウドゲーミング基盤をKubernetesに移行したのか

Proposal (採択)

中級者   Architecture Design    

我々Blackは、OOPartsというクラウドゲーミングサービスを提供しています。2021年6月1日に、「Black Game Streaming Engine v2」を公開し、以前のアーキテクチャと比較してより低コスト、より低遅延、より高速なゲーム起動を実現させました。

以前は1ユーザーのプレイに1インスタンスを割り当てるものとなっていましたが、「Black Game Streaming Engine v2」ではKubernetesとAgonesを使用したアーキテクチャとなっており、完全なるコンテナ化を実現させています。

この発表では、以前のアーキテクチャにあった課題と、それをKubernetesとAgonesによってどう解決させたのか、移行にあたっての課題、今後の展望などについて話します。

Yusuke Nakamura
株式会社ブラック
クラウドインフラエンジニア

自社サービスを運営するベンチャー企業を複数社経験後、現在はフリーランスとしてRubyを中心にWebアプリケーションのバックエンド開発・運用、AWSやGCPを用いたインフラ構築に関連する業務を担当。2019年夏からBlack Inc.に参加し、バックエンド全般を担当。