クラウドネイティブの複雑さに向き合うあなたへ

Proposal (採択)

初級者   その他    

クラウドネイティブなアプローチを導入したシステムの構築にも慣れてきた頃。気がつけば存在している見知らぬリソース、増え続けるマイクロサービス、管理しきれないInfrastructure as Code、乱立するGitリポジトリ、動かないまま放置されたCI/CDパイプライン、誰も見ないモニタリングダッシュボード……。

変化し続けるビジネスニーズに応えられるような、変更に強いシステムを構築していたはずが、いつの間にか複雑なものになってしまったと感じているあなたへ。本セッションでは、クラウドネイティブな実践を続けていくために大切にすべきポイントについて考えていきます。

TERAOKA Keisuke
クラスメソッド株式会社
ソリューションアーキテクト

SIerでアプリケーション開発に従事した後、スタートアップ企業でAWSを利用したWebサービスの開発・構築・運用を経験。現在はソリューションアーキテクトとして、AWSを中心としたクラウド技術を用いたコンサルティングや設計・構築を担当。