レガシーなバッチ処理をB/Gデプロイメントなk8sクラスタで実現する

Proposal (採択)

初級者   Customizing / Extending    

KubernetesのCronJobで、冪等ではないレガシーなバッチ処理を実行していませんか?

DNS Routingの切り替えによるB/Gデプロイメントを採用している場合、CronJobがブルー/グリーンのどちらのクラスタでも存在することになるため、冪等ではないバッチ処理が2回実行されることになってしまいます。

本セッションでは、冪等ではないCronJobがある場合でもAdmission Webhookを用いてアクティブなクラスタでのみバッチ処理を行うようにすることで、簡単にB/Gデプロイメントを実現する手法についてお話します。

Takeru Fukunaga
GMOペパボ株式会社
SRE

2020年にGMOペパボ株式会社へ入社し、現在ホスティング事業部でKubernetesクラスタの運用などしています。