Google Cloud で実現するコンテナ時代のオブザーバビリティ

Track C 2022/03/11 13:05-13:45

初級者     アーカイブ視聴可   スポンサーセッション

近年マイクロサービス アーキテクチャの採用、またコンテナでの開発が盛り上がってきています。その結果、運用、監視する対象が激増し、より適切、かつ効率的にモニタリング、オブザーバビリティを行う必要性がでてきています。そして Google Cloud ではそれらをサポートする機能がはじめから多数組み込まれています。本セッションでは、Google Cloud でコンテナというと、Google Kubernetes Engine や Cloud Run ですが、それらの運用でも重要となるオブザーバビリティに焦点を当て、Google Cloud Managed Service for Prometheus など最新の機能も交えご紹介いたします。

Koji Hasebe
グーグル・クラウド・ジャパン合同会社
ソリューション アーキテクト

ゲーム会社でインフラ エンジニアとしてキャリアをスタート。その後、ユーザー企業でプライベート クラウド開発、パブリック クラウド導入をリード、外資系ソフトウェア ベンダーでクラウドのプリセールスからデリバリまで幅広く担当し、2018 年に Google Cloud に参画。現在は Solutions Architect として、アプリケーション開発領域を軸に、お客様のクラウド利用促進に従事している。