大量図面解析を運用するためのオブザーバビリティと SLO の構築

Proposal: (エントリー済み)

中級者   Operation / Monitoring / Logging

キャディ株式会社が提供する図面活用 SaaS Drawer の図面解析におけるオブザーバビリティと SLI/SLO の運用についてお話しします。
図面情報が抽出されユーザーが利用できるまでにはワークフローやバックエンド、検索エンジンなどを横断した計装やコミュニケーションが必要になります。
CADDi Drawer でのこれらの取り組みを踏まえて、非同期ワークフローの信頼性評価についてご紹介します

Daigo Hiroka
キャディ株式会社
SRE

データ分析コンサルティング企業の機械学習エンジニアを経て、2022年12月からMLOps エンジニアとしてキャディに入社。機械学習による図面解析システムの開発や運用に関わる。
その後図面活用 SaaS である CADDi Drawer の SRE として、インフラのメンテナンスや SLI/SLO の運用推進、インシデントやオンコールなどの緊急時対応・整備などを通じて、サービスの信頼性向上に取り組んでいる。